TDM400Pのナンバーディスプレイをあきらめない!


久しぶりのASTERISK、TDM400Pネタです。
まだこのカード使ってる人、どれくらいいますでしょうか。

ご存知の通り1.2系まではパッチでナンバーディスプレイに対応できたらしい(=試してません)のですが、
1.4系以降とんと成功の事例をみません。成功事例を教えてというQ&Aをどこかでみたのですが、やはり答えはNOのようでした。

そこでかなり変則的ではありますが、前段のTAのSYSLOGを使って、ナンバーディスプレイを表示する方法を思いつきました。
要点を書くと
(1)TAのシスログをASTERISKサーバーで記録する
YAMAHAのRT57iとかRT58iとか、LAN経由でサーバーにSYSLOGを記録できます。

(2)SWATCH(ログ監視用のパッケージ)を使ってTAログを常時監視し、着信番号部分をAGIスクリプトで抜き出し、SET CALLERID(number)する。
自動音声案内を設けて、番号書き込み&SETさせる余裕時間を設けないと、子機呼び出しに間に合わないと思われる。

詳しくは時間が出来たときに、再度UPします。
強引ですが、今のところ満足です

追記;
よく考えるとTDM400P本体ではナンバーディスプレイをあきらめてますね(笑)


カテゴリーVOIP