電験第3種ニューこれだけシリーズの1~4 これだけ理論 これだけ法規 これだけ電力 これだけ機械


第三種電気主任技術者試験、通称電験三種で以下の本を知らない人はいないと思いますが、
避けて通ることもまたおかしいのでここでリストアップしておきます。

結論から言うと、「要領よく試験に受かりたい」人なら必ず買ったほうがいいでしょう。
要領よくというところがポイントでこの本に含まれている内容を完全に理解したら、試験には合格できるでしょう。ただし前提としてこの本に関連して出てくる問題は1問も落とさない(失点しない)覚悟でなければ厳しいです。自分の体感としてはつまり書いていることを隅から隅まで完全に理解しても・・「運」という要素(分かっていないのにラッキーで選んだ選択枝が正解になるケース)が全くない場合は、ギリギリだろうなと感じました。

これだけ理論

ISBN-10: 448511905X

これだけ法規

ISBN-10: 4485119084

これだけ電力

ISBN-10: 4485119068

これだけ機械
ISBN-10: 4485119076

やさしい問題、要点、バイパス解説、ここが重要、チャレンジ問題、どれも重要でここは飛ばしてもOKという箇所はありません。とにかくこの本に出てくること「くらい」(※内容が薄いとかそういう意味ではありません)は、完全にマスターしておかないと、受験時には相当運に左右されることになると思います。

私の勉強方法
1巡目:普通に解説を読み、問題を解くそれだけ。本になれる段階です。
2巡目:解説の重要そうな箇所にはペンでマスキングし、チェックシートを使用して暗記。引き続き問題も解いていきます。
3巡目:2巡目と同じ工程で間違ったところだけ反復します。
4巡目以降:完全になるまで反復を繰り返します(受験日間際になっても「わからない」ものは問題と解き方を完全に暗記してしまいます)。

チェックシート赤との最強組み合わせ

このペンでマークすれば本文の印刷文字はほぼ完全に消せます。
「WYT20-BL [チェックペン α 青]」

B01C02NPIO

青ペンで本文が良く見えなくなったら横にこのペンで答えを書いておくといいでしょう。
こちらも赤シートでは文字が消えます。
「JJ15-ROR [サラサクリップ0.5 ジェルボールペン レッドオレンジイン
  ク0.5mm]」

B00340ZEUO